一軒家を建てるという事

最近友人がマンションを購入した事もあって、家を買うのに一体いくら必要なんだという疑問が最近あります。
マイホームの購入は人生で一番大きな買い物と言いますが本当にそうなのか。

一軒家を買うのにどれだけお金が必要なのかをまとめていきたい。

家を買うのに必要なお金

住宅購入には大きく分けて「土地」と「家」がある。
今回は「土地」をメインに調べていきます。

土地にかかる費用

申込証拠金

申込証拠金とは不動産会社に対して「これマジで買うから」という意思表示の為の金のようです。
一種の予約金みたいな扱いで、通常は2〜10万円程度。
契約に至ったら下記記載の手付金として取り扱うようです。
もしも契約に至らなかった場合は全額返金されるお金。


手付金

上記の申込証拠金が契約後に手付金となり、その後いわゆる「頭金」として充当するようです。
この申込証拠金、手付金を合わせて「頭金」ともいったりするようです。


印紙税

住宅購入の際に必要書類に対する税金の様です。
契約価格に応じて金額が変わりますが、普通は10万円もしないようですね。
印紙税


不動産取得税

下の固定資産税のように持ってるだけで毎年発生する金額ではなく、
「取得した時」に発生する税金のようです。
計算方法は以下URL参照。
不動産取得税
軽減税率もあるようだが、この金額も土地によっては中々ありそうだ。


固定資産税

土地を持つ人に対してかかる税金。年間で計算されて払うようです。
当然土地の価格によって違うが、計算方法は以下URLが詳しい。
簡単にいうと土地評価額× 1.4%(標準税率)が課されるようですね。
固定資産税計算

つまり評価が低ければ低いほど安くなるので、
地方で人気のない所は年間で10万も掛からない様なあるようです。

計画都市税

上の固定資産税と似た税金の計画都市税。
簡単に言うとこれからなんか発展しそうな都市は固定資産税だけじゃやってけないから上の税金以外にも徴収するよ!という税金です。
計算方法は固定資産税と同じで最大で0.3%の標準税率のようです。

登記費用

不動産に登記する際に必要な金額のようです。
項目はたくさんあり、それぞれの専門司法書士の方にやってもらうとその分割高に…。
ものによりますが、10〜100万円といった幅がありそうです。
もちろん全て自分でやれば0円です。
自分登記


土地の値段によって上下しそうな金額なので、
憧れの沖縄のビーチ沿いに建てることを想定しよう。

沖縄の海岸沿いに一軒家を建てる場合

土地代

土地代についてはここを参考にした。
場所は筆者がオススメする「都市部からギリギリ県内で尚且つ全然人気のない場所」、そう今帰仁村だ。
もう全く人がいないが那覇までは車で1時間、古宇利島までは30分で着いてしまういい場所だと思う。

離島も考えたが、物流がエグい事を考えるとやはり本島から離れたくない。

ということで今帰仁村の坪単価を見ると・・・
今帰仁村
坪単価 5万3443円/坪
鬼安すぎワロタ・・・。

海外沿いの今帰仁村字仲尾次あたりをみて見ると・・・
坪単価 2万3140 円/坪
もうなんか色々やばい。

ちなみに東京都港区をみると
坪単価 1013万3812円/坪 です。

およそ200倍。界王拳よりすごい。


そこらへんで拾ってきたネット情報によると二人で必要な間取りは2LDKが人気のようだ。
2LDKは大きさによるがだいたい25~40坪のようなので、

25坪 × ¥2,3140 = ¥578,500

お安い!年間で割ると
¥578,500 / 12ヶ月 = ¥48,000

まさかの今の家賃と同じになってしまった。

土地以外の諸経費

上の土地代から諸経費を諸々計算をしてみる。
ちなみに固定資産税等につかう評価額はここを参考に
価格(円/㎡) ¥4,760で計算した。

申込証拠金(手付金) = ¥57,850(売買価格の10%で計算)
印紙税                     = ¥200 (印紙税一覧)
不動産取得税           = ¥15,735(25坪=82.644625㎡ × ¥4,760 × 4%)
固定資産税/計画都市税 = ¥6,687(82.644625㎡ × 1.7%(標準税率+計画都市税率上限いっぱい))
登記費用 = ¥0

登記費用?気合いだそんなもん!
合計で
¥601122

で沖縄の土地を買うことができる模様です。
現場からは以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする